離乳食教室

保健センターでの離乳食教室に参加しました。いままでいい加減に考えていた離乳食ですが、いろいろな注意点を教わったので忘れないように書き出します。

・たんぱく質は6ヶ月までNG。たんぱく質を早く食べさせるとアレルギー体質になりやすい。
・離乳食は焦らないことが大切。早く進めてしまうと、大人になってもお腹を壊しやすい体質になる。
・したがって鰹だしは7ヶ月以降。牛乳は1歳をすぎてから。卵も1歳過ぎを目安に。とくに卵の白身はアレルギーの原因になりやすい。
・果物は甘いのでわざわざ離乳期に食べさせなくてもいい。果汁を与えるとしても10cc程度に。
・最初は色々なものを食べさせるのではなく3日に1種類ずつ増やす。そうすることで、何をたべたらお腹を壊したかが分かる。
・もしもお腹を壊したらいったん離乳食を中止してミルクに戻し、また1からスタートする。
・離乳食を冷凍するときは1週間で使い切る。

ふむふむ。そうだったのか。あ、でももう鰹だしのお吸い物やヨーグルトを与えちゃいましたけど~。私はお腹はすこぶる健康で、海外旅行で私以外全員がお腹を壊しても私1人ぴんぴんしているタイプなので危機管理意識が低く、「み」にも大人の食べ物を舐めさせていました。でも考えてみたら、パパは若い頃から下痢症で、とくに牛乳を飲むとほぼ毎回お腹を壊す人なので、「み」もたんぱく質には要注意です。これからは昆布だしと野菜オンリーで進めていきたいと思います。
[PR]
by b_nature | 2005-10-22 00:11 | 育児
<< ウンチ事件 青山こどもの城 >>