ウンチ事件

起きてはならない事件が起きました(深刻な事件じゃないです)。
今日は学生時代の友達MとKが遊びに来てくれました♪2人とも数ヶ月、数年ぶりの再会で、しばしお喋りを楽しみ、「み」を抱っこしてもらったりと、ほのぼのと時間が過ぎて行きました。「み」はお姉さま達にあやしてもらいご機嫌。膝に座らせてもらいニコニコしていました。
ところで「み」にはちょっと困った性質がありまして、ウンチをしても全く泣かないのです。むしろ照れを隠すかのように笑顔に拍車がかかります。
ここまで読んだらお分かりですよね。Mの膝の上に乗せられたとき、すでに「み」のオムツの中にはウンチが充満していたのです。厚着をさせていたので、匂いに気付かなかった私。
「み」本人の尻圧で、ウンチはどんどん背中へ向かって移動していきます。よりによって今日はゆるいウンチ。ムーニーの袋に印字されている「ウンチポケットでウンチをもらしません!」のキャッチコピーはどこへいった?ウンチは背中をするすると這いあがり、肌着にしっとりとしみこみ、とうとうベビードレスの外に染み出しました。
数分後、私が「そろそろオムツ替えるか~。みんな見る~?」なんて呑気にベビードレスを脱がしかけて事態に気付いたときには時既に遅し。ベビードレスも、「み」を寝かせたソファーにもウンチングイエローがしっかり染みついておりました。そして、最も起きてはならないことが、、、!Mのジーンズにウンチングイエローの染みがついているではないですかっ。
心優しいMは「いいよ、いいよ。汚れていい服だから。全然気にしないで~。」と何事もない顔で帰って行きましたが、後から考えるとそれでは済まないですよねぇ。仮にもウンチ。我が子のウンチなら愛しいもんですが、他人のウンチなんて最悪じゃないですか?世の中で絶対に触りたくないものベスト3にも「他人のウンチ」が入りそうですよね。それに淡い色のジーンズだから染みが落ちないかもしれない、、、。やっぱり気になって「せめてクリーニング代を払わせてくれ。」と連絡しましたが、Mは「あのジーンズは汚れてもいい服だからどんな汚れがついても構わない。ペンキがついても問題ないくらい。」とのお返事。さらに「そんなほこりっぽい服で行ってごめんね。」とまで、、、。あなたは天使ですか???というか、他人のウンチよりペンキのほうがまし、って気もするけど。ごめんね、M。こんどから来客時にはビッグサイズのオムツをあてておくからね。
[PR]
by b_nature | 2005-10-23 23:30 | 育児
<< 背面坂のぼり 離乳食教室 >>