同級生ご誕生のお祝いに

水曜の祝日に、産まれたばかりの赤ちゃんのお祝いに、病院まで行きました。新生児室のガラス越しに見るベビー君は凛々しくてかっこいい男の子でしたが、なにやら不思議な舌使いで面白い表情をしていました。将来は、パパママに似て、温かくて面白い子に育つに違いない。
新生児を見ると、どうしても「み」の産まれた頃を思い出します。疲れているはずなのにハイテンションで眠れず、貧血なのにフラフラと歩いて病室と新生児室を往復したこと。真夜中の病院が恐いので授乳するときには必ず授乳室へ行ったこと。授乳室だけは一晩中こうこうと明りがついて必ず誰かがいるのでホッとして、お喋りをしたり、窓の外の東京タワーをボケーっと眺めながら授乳していました。今でも東京タワーを見ると懐かしい気持ちになります。たった1週間なのにすごく長く感じたのは、内容が濃いせいもあるけれど、毎晩3時間くらいしか寝ていないから実際に1日が長かったのでしょうね。
1週間前に産まれたベビ君、今は、6ヶ月の「み」とは全然違うサイズに見えますが、同じ学年のお友達として末永くよろしくお願いいたしまする。

d0030533_816513.jpg先週からおかゆを始めました。炊飯器の真ん中に湯のみを立てて、「み」のおかゆを炊いています。
[PR]
by b_nature | 2005-11-26 08:19 | 育児
<< お米の国の人 カヤックのフローティングベスト >>