結婚おめでとう

Kりんの結婚式&披露宴に出席してきました。本当にきれいな花嫁姿にウルウルしてきました。いい式だったな~。大切な友達であるKりんの結婚式についていろいろと書きたいのですが、このブログは自分の親バカぶりにテーマを絞って書くことに決めているので、やはり親バカネタに的を絞って書かせていただきます。
この日は10時出発18時帰宅という出産以来はじめての長時間で、パパにとっても長時間の父娘2人きりの挑戦でした。「み」は哺乳瓶では母乳も粉ミルクも飲んでくれないので、パパが「み」を連れて会場のホテルまでおっぱいを貰いに来てくれることになりました。出発直前の10時に家で授乳したので、昼はおかゆやバナナを食べさせ、15時ころにホテルに来てもらい3回ほどホテルの控え室や多目的トイレで授乳してきました。トイレでの授乳には抵抗があったのですが、さすがは一流ホテルだけありそこらのデパートの授乳室よりきれいでしたので安心して立ち飲み(立ち飲ませ?)してきました。結婚式の前に、花嫁のKりんにちらっと「授乳する場所あるか聞いてくれる?」とメールで聞いたら、Kりんはとても気を使ってくれて、なんとベビーベッドを手配してくれたのでした。披露宴の控え室に置かれたベビーベッドには白とロイヤルブルーの羽毛布団に折り目正しくアイロンをかけられたシーツがピシっと敷かれておりました。すてきすてき!「み」は普段のせんべい布団(いちおうベビー布団だけど)とは違うふかふかの感触を堪能していました。ありがとね、Kりん。
披露宴の間、「み」のことが気になってしまい大切な場面で出たり入ったり、周りを振りまわして迷惑をかけてしまいました。子持ちになると我が子中心になって周りに迷惑をかけてしまうという典型的な例を演じてしまい、ちょっと反省。この教訓を活かして外出対策を考えていきます。
d0030533_1655245.jpg帰りに装飾花をもらいました。Kりん、「かぶって帰るね!」と約束したけれど大きすぎてかぶれなかったよ。
[PR]
by b_nature | 2005-12-11 15:14 | 育児
<< 小児科は病気の巣窟? 昭和50、51、52年産まれ >>