産まれました

 5月29日に産まれました~。医師から「母親の体のわりに、胎児が大きすぎるかも知れない。」と言われていましたが、予定日より1週間早かったためか2710グラムの標準サイズでした。ああ、よかったー。あれ以上大きかったら、痛すぎます、、、。
 でも辛かったのは、「母体のわりに胎児が大きい。しかも、急激に太ったから難産かも知れない。」という情報をもとに、助産師さんが「赤ちゃんが大きすぎるみたいだから、陣痛に時間をかけましょうね。」と、鬼のようなことを言い出したこと。陣痛が3分間隔なのに、、、とっくに破水しているのに、、、ずーっとずーっと陣痛室で待ちました。破水してから4時間くらい待ったかなあ?「いきまないでね。」と言われるのがまた辛いです。
 分娩台に上がった頃には意識も朦朧としていたのですが、「いきんでいいですよー。」の言葉がとても嬉しかったことはよく覚えています。なので、いきめることが嬉しくて、産むときの痛さは全く記憶にありません。
 そんなこんなで我が子が産まれてから、もう2週間たちました。先週末の退院の日には手作りの肌着とセレモニードレスを着せて始めての外出&帰宅。そのときの写真を載せます。女の子なのに胸板が厚い我が子には、あのドレスはぴっちりサイズでした。次にこんな真っ白のドレスを着るのは、ウェディングドレスかなあ。d0030533_180118.jpg
[PR]
by b_nature | 2005-06-10 18:01 | 出産
<< 産まれながらの裸族? そろそろ・・・? >>