2005年 11月 27日 ( 1 )

お米の国の人

離乳食を食べる時と食べない時で波があるのですが、先週から大波がきています。小皿一杯のおかゆをペロリと平らげ「もっとくれ~」と泣く始末。以前は貝のように口を閉ざして食べてくれなかったのに、いったい何が「み」の食欲スイッチを押したのか、、、?もしかしたら、先週から私がおかゆを潰すのを面倒くさがり、つぶつぶ感が残るまま与えているので、「み」が舌触りを気に行ったのかも知れません。
d0030533_12451458.jpg「んー、うまいっ!」
d0030533_124721.jpg「けちけちするな。お皿ごとよこせっ。」
d0030533_1249369.jpg「がつがつがつ。」

こうしてお米の国の人として第一歩を踏み出しました。お米の国といえば、「み」の産まれる前に転勤で訪れた韓国でももちろん離乳食としておかゆを食べさせていました。と同時に、キムチも与えていたのにはびっくり!水洗いしたキムチですけど、それでも少しは辛いはず。赤ちゃんの頃から食べ慣れていれば辛いものに強くなるはずだわ、と感心したものです。我が家の隣に2歳(韓国でいう3歳)のかわいい女の子が住んでいて、時々遊びに来たり一緒にお昼を食べたのですが、その子の定番メニューはご飯、チーズ、キムチというなかなかグルメな盛り合わせでした。外国の離乳食事情を聞いてみたいなあ。
[PR]
by b_nature | 2005-11-27 12:43 | 育児