2005年 12月 17日 ( 1 )

小児科は病気の巣窟?

「み」が風邪をひいています。離乳食をはじめて以来ずうっとお腹がゆるかったので小児科へ行き、消化不良の薬をもらってきました。これがいけなかった!小児科の待合室で待たされた30分間、まわりの子ども達から至近距離でゲホゲホ、ゴホゴホと咳を浴びせられ、案の定うつったらしく、2日後には「み」も私も同時に咳がでてきました。私は葛根湯を飲んですぐに治ったのですが「み」は4日たってもゴホゴホと咳き込み1日に1、2回吐いています。去年のこの時期にあちこちの保育園で大流行していたアデノウィルス、ノロウィルス、ロタウィルスなどの名前が頭をぐるぐる巡りますが(保育士をかじったばかりに、余計な知識だけは持っている)、「み」は熱はないのでただの風邪みたいです。こんなときこそ小児科へ行くべきだとは思うのですが、さらに別の風邪をうつされるのが恐くて行けません。本末転倒です。
名医と評判の混んでいる小児科よりも、ヤブ医者で閑古鳥の鳴いている小児科のほうが安全に思えてきました。
[PR]
by b_nature | 2005-12-17 00:14 | 育児