<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パパのお友達のおうちへ

パパのお友達Tさんのおうちへお邪魔しました。生後3ヶ月のW君がいます。生後6ヶ月のY君を連れたK夫妻も一緒でした。さすがは男の子、おっぱいの吸いっぷりも豪快で、体格もよいベビ君たち。Y君はすでに「み(8ヵ月)」よりも大きいのです。このベビ君達はアスリートの血をひいているので、運動能力は高いはず。せっかく同い年なので子どもどうし仲良く遊ばせたいけれど、のんびり屋の「み」はお二人の豪快な遊びについていけるのか、心配です。
[PR]
by b_nature | 2006-01-28 00:46 | 育児

パパの実家へ

1月7日、ちょっと遅いお正月ですがにパパの実家へ初めての飛行機での大旅行をしました。d0030533_044425.jpg2歳までは飛行機は無料なのですが、一人前に「幼児券」なるものを発行してもらえたことに「へえ~」と感心したパパとママです。飛行機の中では「み」の耳がいたくならないように、そして「バンバンバンバンバン・・・」と大声で喋り始めた「み」を口封じするために、オッパイをしゃぶらせっぱなしでした。幸い、壁の直前の席をとれたので斜め後ろからの視線もなく、快適授乳ができました。飛行機の中では赤ちゃん用毛布を貸してもらえたり、おもちゃを貰ったり、CAさんが「何ヶ月ですか?」「まあ、可愛い。私の赤ちゃん時代みたい(お世辞なのか、自慢なのか?)。」と話しかけてくれて「み」も飽きることなく過ごせました。d0030533_0255628.jpg
おじいちゃまとおばあちゃまとは4ヶ月ぶりの再会。「み」も覚えているのか、あやしてもらうと大喜びでした。「み」はVIP待遇で可愛がっていただき、おばあちゃまの美味しい煮物をパクパクと食べ、おじいちゃまに遊んでもらいケラケラと大笑い。そして私的には、「み」が曾祖母に抱っこしてもらえたことが大収穫でした。四世代が揃うのはとてもめでたいこと。その様子をしっかりとビデオに収めてきました!
パパの実家はとても広いお庭や畑があります。来年か、再来年の夏には、大きなサトイモの葉の下を走りまわる「み」の姿が見られるかなー。「となりのトトロ」みたいに。
[PR]
by b_nature | 2006-01-21 00:05 | 育児

はじめまして私が「み」です

はじめまちて。娘の「み」でちゅ。いつも母がお世話になっておりまちゅ。
d0030533_1511236.jpgママが昼寝をしているので、こっそり布団をぬけだしてパソコンに向かっています。わたし、本当は日本語ペラペラだし、パソコンは得意なんです。でも、大人には秘密にして赤ちゃんの振りをしています。
みなさん聞いてください。ママはひどい人です。自分が眠くなると「ねえねえ、一緒にお昼寝しようよー」と、無理矢理わたしを寝かしつけるんです。わたしは眠ると体がポカポカと温かくなるので、ママは「あったか~い。湯たんぽ代わりだわ~。」と喜んで私に抱きついて眠ります。子どもを何だと思っているのでしょうか。

さて、わたしの始めてのクリスマスや年末年始の思い出を書きます。

・クリスマス
産まれて初めてのクリスマス。どんな楽しいイベントが待っているかとワクワクしていたら、なんとクリスマスイブなのに病院に連れていかれました。月に1度のレーザー治療の日だそうです。ひどい。私はこのレーザー治療が大嫌いです。産まれつきのアザにレーザーを当てられるんです。ピリピリするし、目隠しされて恐いし、いつも「えーん」と泣いてしまいます。でも一つだけ嬉しかったことは、初めてパパが付き添ってくれました。待ち時間にも遊んでくれていつもより楽しかったです。ママは、私が治療を受けて泣いている間、なんと病院の隣の「足ツボマッサージ」に行って、「気持ちイー!」と喜んでいたそうです。この足ツボマッサージが、パパからママへのクリスマスプレゼントだったそうです。ママは「マッサージを受けてから冷え症が治ったわー。寝る時に湯たんぽ(=わたし)がなくてもポカポカする。」と喜んでいました。
クリスマスはパパとママで美味しいお料理を食べていました。でも私は隣に座らされて見ているだけ。ママは「美味しいものを食べて、美味しいオッパイを作ってるから、待っててね~」と言います。その美味しいオッパイが、今年の私へのクリスマスプレゼントだそうです。え、これだけ?

・クリスマス会
お台場というところにあるマンションで、クリスマス会をしました。橋が虹色にライトアップされて綺麗でした。赤ちゃんは私1人で、大人達は豆乳鍋というものを食べていました。私が吐いたミルクを「豆乳鍋に入れちゃおうか」と大人達が言っていました。夜9時を過ぎて私は眠くなったのでその家のベッドを借りて寝ましたが、なんだか落ち着かなくてグズグズ訴えたのに、結局夜中まで大人は楽しんでいました。私は眠くて、ママにずっと抱っこしてもらっていたのでママは「ぜんぜん鍋を食べられなかった。これからは、夜に子連れで出かけるのはやめよう。」と言っていました。私もそのほうが嬉しいです。

・年下の男の子
d0030533_23324522.jpgクリスマスの数日後、ママの大学のお友達Aの家に行きました。2ヶ月の赤ちゃんがいました。私は7ヶ月のお姉さんなので、年上の女の魅力をぼーやに見せつけてきました。ぼーやはすっかり私の虜になり、隣に座ってしなだれかかってきました。だから私はぼーやの頭にキスしてあげました。生えかけの髪の毛がフワフワと唇に当たり、美味しかったです。

・忘年会Ⅰ
d0030533_144910.jpgパパのお友達Kさんの家に行きました。スタイリッシュで綺麗ななおうちでしたが、酔っ払ったおじさん達と、綺麗なおねえさん達と、赤ちゃんが3人でドンちゃん騒ぎをしました。私はおじさんに支えられてテーブルの上を飛んだり、天井すれすれの高い高いをしてもらいました。
BGMは「飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで~♪」でした。

・忘年会Ⅱ
ママの高校の元テニス部のお友達とキタロウ君(仮名 2才)とうちのパパ、合わせて8人で、我が家で忘年会をしました。キタロウ君はかっこよくて面白くて、わたしはゲラゲラと笑いました。わたしが笑うと、キタロウ君はもっと頑張ってくれて、汗だくでぴょんぴょん飛び跳ねてはわたしを笑わせてくれました。わたしは眠くてつい瞼が降りてしまいそうになるけれど、キタロウ君が面白いので一生懸命に目をこじ開けて頑張っていました。わたしもキタロウ君みたいエンターテイナーを目指します。キタロウ君がMねーちゃんに向かって「く~にえ~!」と呼びかけると、「田中邦衛ごっこ」を披露してくれました。来年はわたしも邦衛ごっこに参加したいです。

・お正月
初めてのお正月でした。パパとママはおせち料理とお雑煮を食べていました。わたしも、栗きんとんのサツマイモ(砂糖抜き)を食べさせてもらったのでちょっとお正月気分です。家族一緒に初詣に行きました。わたしは覚えていないけれど、お宮参りに行ったところと同じ神社だそうです。去年お世話になった安産お守りを御焚き上げしてもらいました。神社のガラガラという鐘の音が恐くて泣いてしまいました。

・お年玉
d0030533_1451693.jpgおじいちゃんとおばあちゃんから、お年玉という物を貰いました。紙の袋は大好きなので、たくさん舐めて味わいました。袋がふやけてきたので、食いちぎって口の中でもぐもぐ噛んでいたら、ママに取り上げられました。ひどい。

・旅行
d0030533_1454553.jpg産まれて初めて家族旅行に行きました。真鶴という小さな温泉街でした。ここでもママは「美味しいもの食べて、美味しいオッパイを作ってあげるね~」と言い、わたしを放置して船盛りを食べていました。ロテンブロというすごく楽しいお風呂があるらしく、お風呂好きなわたしは楽しみにしていました。夜になっていざ、家族でロテンブロへ。ところがママは「肌に刺激が強すぎるし、おしっこするから湯船には入れられない」とか言い出して、脱衣かごに入れられました。パパとママは「景色がいいねー」って言うけれど、わたしには天井しか見えません。d0030533_1504182.jpgロテンブロというものを全然堪能でませんでした。でも最後に、足だけお湯につけたら、とっても気持ちがよかったのでバタ足をして遊びました。楽しくてゲラゲラ笑っちゃいました。

・釣り
d0030533_1505655.jpgパパの釣りについて行きました。わたしは最初から最後まで爆睡していたので、全く覚えていません。d0030533_15181.jpg空にトンビが飛んでいたことだけは覚えています。日本昔話で、トンビに赤ちゃんがさらわれる話があったから、ママ、しっかり見張っていてね。

d0030533_23273854.jpgあ、ママに見つかっちゃったので、このへんでわたしの自分語りも終わりにします。あんな母ですが、どうぞこれからもよろしくお願いします。
[PR]
by b_nature | 2006-01-20 14:19 | 育児